› こゆ(児湯)んにちわ~ともくんみやchanブログ › なんかよく見てみると宮崎日日新聞にともくんがしれっと映っていたよ!(古墳説明会の記憶)

2018年03月11日

なんかよく見てみると宮崎日日新聞にともくんがしれっと映っていたよ!(古墳説明会の記憶)



みなさんこんにちは!先日は西都原考古博物館で





ドキ土器の「西都原古墳 101号墳現地説明会」がありました~。




宮日新聞さんがしれっと来ていらっしゃったり




立て溝横溝の採掘現場に高坏や短甲のはにわが出土していて




もう本当に目から鱗だった。リアルな採掘現場に




僕もさらに勉強して学ばなければいけないと思ったね~。




博物館の来場者の方でも、短甲の部品が何でできているのか興味津々だったりして、




それが「鉄製」であることなど、多くの人々に詳しい情報を届けること




古代人の髪形の説の一つに、出土している人形の髪形らしく形状から




これは・・・・・・・・・モ○カンだったのでは?という説があることなど




いろいろおもしろかった。




女狭穂塚塚・男狭穂塚は江戸時代あたりから男女の別で




呼ばれるようになったのだという。




宮内庁陵でもう正直なんだかめちゃめちゃビッグな山にしか見えんかった。




でも圧倒されたなあ。


(・・・そしてその翌日帰宅すると)


注意!このなかに”ともくん”がいるよ!




○ォーリーではないけど、




みんなどこにいるのかさがそうぜ!・・・・・・・・・・




※ともくんをさがせ!


・・・・・・・




昨日の説明会の話をしていたら、本日の宮崎日日新聞をみたとの情報が…

「ともくん、君新聞に映ってたよね。」


さっそく情報が新聞に載っていたのかと思ってわけのわからないままみてみると…。


しらべてみよう。ふむふむ・・・・


・・・




^^;※心霊写真ではありません。笑




ぎゃ~でた~!て、そんな妖怪じゃあるまいし、驚くことではないんですけれど汗





ともくんがいたとご指摘を受けましたが、



なんかへんなの(ぼく)がいた笑^^;う~ん、しれっとうつっとる。



白のジャンパーで映っとった。説明を受けてるときのですね。





先日の古墳説明会は、考古学ファンら




70人が集まり皆さん説明を熱心に聞き入っていました。




こういう体験は、すごく重要なことだとおもう。




日向の考古学を本格的に勉強してゆくためにも、僕も全力で頑張ります!




今日も古墳に興味津々の子といっしょにいろんなことがあった。




「震災を忘れない!3/11」の防災訓練で僕は急に倒れた人の役をしました。




多くの防災メンバーの方々に運んでもらったりして。




人生初AEDを使ったけれど、人工呼吸から




基礎知識は覚えておかないといけないなあと改めて感動した。




明日は我が身です。ほんとうにその知識が




つかわれることのないほどに平和な毎日を祈りながら黙とうした今日でした。






Posted by ともくん at 20:10

削除
なんかよく見てみると宮崎日日新聞にともくんがしれっと映っていたよ!(古墳説明会の記憶)